Read Article

医療ドラマで話題の”ペアン”の写真を撮りに

こんにちは、編集部です。

2018年4月から始まった話題のドラマ「ブラックペアン」。ご覧になっていますか?

ペアンは当サイトの【事典】でも紹介しているとおり、手術の時などに使う「鋼製器具」の一種「鉗子」の種類のひとつです。

ぱっと見はハサミ(医療業界では剪刀という)のようなカタチをしていますが、
ものを切るのが目的ではないので研ぎすまされた刃はありません。

鉗子には、一時的に血流を止めるときには血管用の、
腸をつかんでおく時には腸用の、といった具合にそれぞれ専用の鉗子があって、
ペアン鉗子は、血管などを傷つけずに、けれどしっかり、ぎゅっと挟んでおくのに使われるものだそうです。

ドラマの手術シーンではトレイの上にたくさんの鋼製器具が並べられていて、
器具出しの看護師がドクターにしっかり手渡すシーンが印象的です。

ドクターが口にした鋼製器具の名前で何をしようとしているのかがわかるようになると、また面白そうです。

そんな大小さまざまな鋼製器具。
メーカー様のご厚意で、実物の写真を撮らせていただけることになりました。
編集部がカタログから選んだ42種類の器具の写真を一日がかり(もしかしたら2日がかりになるかも?)で撮影してきます。

それぞれの特徴をしっかりと、
そしてかっこよく、撮影してきますので、お楽しみに。

それまでは、皆さんも、鋼製器具の名前と役割、当サイトの【事典】を参考に覚えておいてくださいね。

 鉗子
 鑷子
 剪刀

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top