Read Article

にっぽんの【眼科】

【眼科】とは

眼球とその付属器官に関する臨床医学の一部門。

【眼科】のレイアウト

手術機能を備えた標準的な【眼科】のレイアウトを例に、全体的な設え、必要な各部屋の役割について、まとめました。詳細⇒

【眼科】のエリア分け

眼科のエリア分けを間取り図に示した。奥に行くにつれて入室に制限がかかっていることがよくわかる。

【眼科】の医療機器・器具

主な医療機器は以下のとおりである。
このほかにも、診察や治療、手術に必要な器具類が必要。

【眼科】のスタッフ

眼科の専門医と、以下のスタッフが考えられる。
・眼科専門医
看護師
視能訓練士(ORT:certified ORThoptist)
クラーク
医療事務
・一般事務 など

【眼科】を作る

【眼科】を数多く手がけてきた徳永修一郎氏(株式会社リィツメディカル)と大内孝夫氏(株式会社GEN設計 代表)に、【眼科】について伺った。

・医療機器の影響が大きい眼科設計
・変わらない視力検査
・他との差別化のため『構想』が重要

【眼科】についてお話をうかがった方

徳永 修一郎 氏(写真右)
株式会社リィツメディカル 所属
メーカーにて眼科機器、眼科新規開業、眼科経営等の業務を経て、現在は全国の眼科からの設備設計相談を担当。40年以上眼科に関わってきたスペシャリスト。

※徳永さんへのご相談はこちらへ→shuichiro.tokunaga★ritz-med.co.jp(★を@に変更)
大内 孝夫 氏(写真左)
眼科医院設計のパイオニア株式会社GEN設計・代表
建築企画・設計・コンサルタント、建築設計・監理を担当。国内外の医療施設を数多く手掛けてきた。
※大内さんへのご相談は同社ホームページから
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top