Read Article

めまい診断用眼鏡

耳の構造

めまいとは、患者の意思とは関係なく眼球が震えるように動くこと。
内耳の異常によりめまいが起こることがあるため、めまいは耳鼻咽喉科の診断項目に含まれており、その検査機器も耳鼻咽喉科必須のアイテムである。

 

 

めまいの検査は、専用機器を患者が装着して頭を動かし、その時に眼振(眼球振盪/がんきゅうしんとう)が起こるかを医師が目視で観察するというもの。
その器械がこちら。

フレンツェル眼鏡
フレンツェル赤外線眼鏡

「フレンツェル眼鏡」は、病的なものによる眼振や、刺激によって誘発された眼振を拡大視するための眼鏡である。

「フレンツェル赤外線眼鏡」は、赤外線LED照明を当てて内蔵されているカメラで観察するというもの。映像は写真のように眼鏡がモニタに表示されるほか、外部モニタに表示したり、その動画を記録として保存することもできる。

ただ、これらはあくまで検査用の器械で、眼振を確認したのち、詳しい原因を調べたり、治療をおこなう。

取材協力第一医科株式会社ショールーム > ENT+(イーエヌティープラス)

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top