Read Article

「建都」に吹田市民病院が開院

医師会や近隣の医療施設と連携し、
市民から愛される病院を
「建都」に吹田市民病院が開院

2018年11月17日(土)、地方独立行政法人 吹田市民病院 の開院式が開催され、式典出席者及びメディア向けの内覧会も行われた。

吹田市民病院は1953年に開院、1982年吹田市片山町へ移転を経て、2018年12月1日にJR岸部駅北側に展開されている健都(北大阪健康医療都市)内へ移転。12月4日(月)より新病院での外来診察も開始する。

「健都」はJR岸部駅前に展開されるプロジェクト。吹田市民病院はその中に新設された。

 

吹田市民病院の移転プロジェクト発足からの経緯は以下のとおり。

2009年7月:病院建替等院内検討会議設置
2012年11月:健都への移転・建替決定
2014年4月:地方独立行政法人化
2015年2月:基本設計完了
2016年10月:工事着手
2018年7月:新病院完成
(※地方独立行政法人吹田市民病院発行「新病院施設紹介」より抜粋)

1階エントランスの吹き抜けホールで行われた開院式・テープカットの様子。

 

では、「にっぽんの病院」目線で新しい吹田市民病院を紹介していこう。
※以下の写真は2018年11月17日の内覧会で撮影したものです(一部の床は養生中です)。

2階・総合受付から外来まで

総合受付。初診・再診受付や清算の窓口は、岸部駅からの連絡通路からの入り口がある2階に設置。メインのカラーはブルーで、待合の椅子も青で統一されていて落ち着いた雰囲気。
患者支援センター(待合)。入退院の支援や、医療相談、介護の相談、地域医療連携を行う。看護師やMSW(メディカルソーシャルワーカー)など専門職が対応してくれる。
患者支援センターの面談ルーム。個室が5部屋用意されている
外来診察室。患者には「○○科」ではなく、アルファベットで診察室や検査室を案内する。

 

検診・検査・手術室

建物の老朽化が移転の理由だが、同時に機器類も最新ではなくなってきていたという。
バックグラウンドの設備も含め、最新の設備・最新の機器が導入された。

新導入のCT検査機
Cアームのアンギュレーション装置も新導入
X線テレビシステム。骨密度も計測できるそう
天井付けの医療ガスのアウトレット
手術の前の洗浄スペース。右側には個室の更衣室が設置されている
様々な手術に対応できるよう設計された手術室
新導入の手術支援ロボット・ダヴィンチ。
4本のアームに専用の器具(鑷子や鉗子)を装着し、医師が操作して手術を行う。合わせてダヴィンチ手術ができる医師も採用した。

 

充実のリハビリテーション施設

4階には広いリハビリテーションを設置。
単に機器をそろえるだけでなく、自宅での生活や外出も想定したトレーニングができる設備が整えられている。
理学療法士も増員した。

リハビリルームの奥にあるリハビリガーデンでは、退院後の活動のためのトレーニングができるよう、芝生や坂道を設置。リハビリルームではできないトレーニングができるようになっている。
リハビリルームの一角に用意された「住居」スペースには、畳が敷かれ、階段や押し入れも設置。この写真の反対側には、システムキッチンと洗濯機、一般住宅用のシステムバス、トイレも設置。退院後、自宅での生活のためのトレーニングができる。

 

おかあさんと子どもたちのための医療設備

LDR(Labor=陣痛/Delivery=分娩/Recovery=回復)ルーム設置も新病院の目玉のひとつ。最新の機器や設備で新しい命の誕生を待つ。

LDRルーム。移転の発表をしてから産科の予約も少しずつ増えているそう。
産婦人科の扉。「真っ白で殺風景だったので貼りました、私たちで ^^ 」
いい病院にしたいと言うスタッフさんたちの思いを感じた。
基本的に母子同室。こちらは治療を必要とする赤ちゃんのための設備も充実させた。
小児病棟の病室。柵のあるタイプのベッドは5,6歳くらいまで、それ以降は大人と同じベッドを使用するそう。
小児科病室の扉にはひとつひとつ異なる動物のプリントが。数字の読めない小さな子も見分けられるように。(「ライオンのお部屋がいいな」なんて子も出てきそう)
小児科病棟には他に、プレイルームや屋上庭園、学習室も設けられている。
小児病棟はスタッフステーションも楽し気。病室の扉にいる動物たちが乗った汽車が春夏秋冬の景色の中を進んでいる。柱のオレンジは、小児病棟のある東病棟のテーマカラー。
こちらが一般病棟のスタッフステーション。西病棟はグリーンがテーマカラー

病室

救急に力を入れようとしている吹田市民病院。入院患者の受け入れも増えるため、さまざまな形式の”病室”を設置している。

有料4人室。@1,500円の追加費用が必要だが、各ベッドが窓に面し、ベッド間に家具を配置。プライベートが重視されている。(パノラマで撮影)
回復室。救急外来で治療を受けた患者の経過を観察する
救急病床。夜間に救急外来を受診し入院となった患者は、一旦救急病床に入院し、翌日に一般病床に転床する。
中央処置室。治療上の処置などを行う部門で、主に内科の患者への処置を行う

このほかにも、特別室(キッチン、お風呂付の部屋。2室設置)、
室内の気圧を陰圧と陽圧に切り替えることができる陰陽圧室も完備している。

4階から8階までの病棟階にはデイルーム(談話室)を設置。窓を大きく取り、明るく開放的な空間としており、患者はここで食事もできる。

 

病院内で迷わないように ~サインあれこれ

病院において、サイン計画は重要。
吹田市民病院でみたサインをまとめて紹介

総合受付横のエレベーター前。
科目ではなく、アルファベットで案内しているのは、インバウンドも意識してのことかもしれない。人の行き来が最も多いこの場所は、ちょっと複雑…
遠くからも見えるように、前からも横からも視認できるように。大きく「H」
各科ごとの案内ブース。スタッフが常駐して受付や案内をする。
待ち時間の発生するスペースの壁面など、ところどころに書かれている”プチ情報”
総合案内横のトイレのサイン。どんな機能が備わっているか一目でわかる。
総合案内横のトイレの続き。これは女性用トイレの案内。
トイレ続きで。こちらは小児科病棟のトイレ。
子どもだけでなく、車椅子のまま、そして大人も利用できることもわかりやすく伝わる。

 

外観はこちら。

吹田市民病院。後ろ側がJR東海道線。
BIM活用、VRによるシミュレーションなど、最新技術も活用し設計・プランが行われ、患者だけでなくスタッフにも快適な空間を目指した。

 

参考:JR岸部駅前に建設中の国立循環器病研究センター。
こちらは2019年7月に開院の予定。こちらも見学に行きたい(編集部)

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top