Read Article

日本医療のアウトバウンドとインバウンド (5)

日本の医療を海外へ、海外の患者を日本の病院へ。

金谷氏 先ほど、山本理事長からは日本の医療の今後について伺いましたが、北野さんのお考えもお聞かせください。
北野氏 MEJの目指すインバウンドとアウトバウンドは関連してきていると考えています。
今、日本の地方の過疎化は進み、人口大減少に向かっています。いい医療を持っています、施設もあります、ないのは患者さんという時代がもうすぐ来るということです。
そこに外国の患者さんに来ていただくことで、今ある施設を維持しつつ、より発展的な地方創生を提供できるのではないかと考えています。これを海外の都市と日本の都市との関係における新しい医療圏、四次医療圏として考えていきたい。
これが実現すると、例えば、海外のある国では受けられない医療が日本では受けられる、それを学ぶことができる。ある時までは患者さんを日本に送って医療を受けてもらっていたけれども、これだけの効果があるなら自分の国に導入しようということでアウトバウンドにつながる。自分たちのレベルがあるところに到達したら、さらにレベルを上げるためにまた日本に来て学んで帰る。
そうやってインバウンドとアウトバウンドが良い循環を生んでいくことが、日本の医療を世界に活用していただくことに、さらに日本の医療を維持発展していくことにつながる。その意味でインバウンドはこれから地方にとっても日本にとってもなくてはならない要素になってくるのではないかと考えています。

金谷氏 海外での活動にご苦労などはありますか?
北野氏 そうですね。厳しい口調で「日本は、車の次は医療を売りに来たのか」と言われたことがあります。なかなかショッキングな言われ方をしたのですが。でも、そうではなくて医療の面で日本が寄与できることがあるのではないかと考えていると、単に商売のため来たのではない、という話をすると、途端に表情が柔らかくなって、そういうことだったらぜひ協力しましょうとおっしゃってくださいました。
さらに、我々も医療者をお連れするので、両国の医師同士で話し合う場を設けましょうと提案しますと、医師会が全面的に協力するとおっしゃってくださいました。
MEJの活動は国際協力の一環でもある
金谷氏 そこは国際交流という部分が大切なんですね。
北野氏 そうです。どこの国に行ってもいい加減な医療を提供しようとしている先生はほとんどいらっしゃいません。皆さん苦労して今の環境の中で何が最善かを考え、悩みながら医療をされています。そのご苦労を汲んで、状況に合わせた提案をすることで、受け入れて協力していただけますし、お互いのいい関係が生まれてくるのだと思います。
私たちがやろうとしているのはODAではないということを相手の国にも理解していただき、お互いの発展のために一緒に継続的な課題に取り組んでいるわけです。

金谷氏 MEJとして、これから取り組むべき課題についてお話しください。
北野氏 MEJでは海外に医療を出していくアウトバウンドに加えて、日本の医療施設に海外の患者さんを受け入れるインバウンドにも取り組んでいきます。 ただ、インバウンドには難しい問題があって、今の日本の国民皆保険の中で、また今の施設のままで、外国の患者さんを受け入れられるのかということです。
海外でインバウンド事業に取り組んでいる病院を見るとほとんどが個室です。日本の医療機関にももちろん個室はありますが、その個室の在り方や、患者さんの動線は充分考えられているのか。海外から日本に治療に来られる方の中には著名な方、自分が病気を持っていることを知られることが大きな影響を与える方も多くおられます。そのような方々に今の日本の医療の環境で対応できるか、ということを考えますと、やはりインバウンドモデルが必要だと思います。
ただ、これには非常に多額の投資がかかるので、3D技術を活用しながら、みなさまと協議できる場を設け、新しいMEJのインバウンドモデルを一緒に作っていきたい。医療関係の皆様、MEJ会員企業の皆様からの新しい意見やアイデアをいただきたいと思っています。
一方、あるイベントで実施したアンケートの結果、MEJという組織があってインバウンド事業に取組んでいることを知っている日本人は残念なことに2割程度でした。外国人患者を受け入れることが日本の医療の発展には必要だということを国民のみなさんに知っていただいて「それやっていこう」という雰囲気を作っていかないといけないと思っています。
そういう意味でも今回、MEJの活動を一般の皆様に伝える機会を与えていただいたことに、大変感謝しています。
金谷氏 山本理事長はいかがですか?
山本氏 医療の国際展開という言い方をしていますが、国際的というのはどういうことなのかを、これを機会にわれわれも考え直さなければいけないと思っています。
国際的という言葉の意味は、20年、30年前と今とでは相当変わってきていますから、日本が果たすべき国際的役割という中で「医療」をどう位置付けていくのか、それが一番大きな課題だと考えています。

●インタビューメンバー紹介

山本修三氏
一般社団法人Medical Excellence JAPAN代表理事(理事長)
内閣官房健康・医療戦略参与
日本病院会 名誉会長
北野選也氏
一般社団法人 Medical Excellence JAPAN 業務執行理事
金谷浩明氏
一般社団法人 Medical Excellence JAPAN 技術サービス部部長
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a comment

*
*
* (公開されません)

Return Top