Read Article

BIM

建築・建設物のライフサイクル(設計→施工→運用→改修→解体までのすべてのプロセス)において、情報を共有・管理することをいう。

単に、設計段階で線の集合体で作成される「設計図面」のことではなく、
建築・建設物に関する様々な情報(土地情報、躯体の形状、躯体を構成する部材の形状、部材の数、配置する什器・家具の製品情報…など)が付加されている情報の集合体を管理することである。

上記の考え方で作成された情報の集合体をBIMデータ、BIMデータを作成するソフトをBIMソフトと呼び、ユーザーインターフェースとして3DCGが活用されている。

Building Information Modeling の略。
日本の建設業界ではCIM(Construction Information Modeling)化が進められているが、考え方は同様である。

Return Top