Read Article

インバウンド

本来は、「外から内へ」の動きを表す形容詞だが、昨今は海外からの渡航者(外国人訪問者)のことを指すことが多い。

インバウンド対応は地方創生にもつながると考えられており、日本政府の方針として医療機関も積極的に受け入れようとしている。

医療の世界では、
インバウンドを受け入れらる病院であることを認証する制度(JCI認証、JMIP認証、JIH)や、
日本で治療や検診を受けたいと希望する外国人に対する渡航手続きを支援・代行する企業を認定するAMTAC(アムタック/認証医療渡航支援企業)制度など、
様々な取り組みが進められている。

具体的な取り組みとして、病院内のサインを複数言語対応にしたり、医療の知識をもち外国語で会話ができる「医療通訳者」の教育、病院食(宗教上の理由で食べられない食材がある)への対策が挙げられる。
経営面では、健康保険に加入している人を対象に設定されている点数制の医療経費の計上方法なども課題となっている。

Return Top