Read Article

人工心肺装置

心臓を止めて行わなければならない心臓や大動脈の手術において、心肺の役割を担う機器。

①全身から心臓に帰ってくる血液(静脈血)を人工心肺装置に送る機能
②静脈血を動脈血にする機能
③動脈血を人工心肺装置から全身に送る機能
などが装備されている。

人工心肺装置
3台の機器を連携させて心肺の役割を担う。

②静脈血を動脈血にする機能=人工肺は、中空糸で構成されており、中空糸の内側に酸素を、外側に血液(静脈血)を流し、中空糸を介する拡散作用によって血液に酸素が取り込まれる。

(写真左)人工心肺装置で使用される中空糸(0.5mmのシャーペンの芯との比較)/(写真右)中空糸が数万~数十万が束ねられたカートリッジ。

撮影協力:大阪電気通信大学 医療福祉工学部

Return Top