Read Article

手術針

傷口を縫合したり、組織(血管など)同士を吻合したりするときに使用する。
裁縫の時のように針の穴に糸を通す場合もあるが、昨今は1本の糸の両端にあらかじめ針がついているものが主流で、持針器で針部分を把持して使用する。

糸の両端に針がついているものが主流

 

針は直線状のものよりも弯曲しているものが主流。
素材と太さは手術する部位や手術の目的によることが多いが、弯曲具合は医師の好みによるところが大きい。

持針器で針の部分を把持して使用する

 

糸も針同様、太さ、長さはもちろん、抜糸の必要のない溶ける糸、切れにくい糸など、素材もさまざまである。

極細の針と糸

 

  取材記事:手術用針・糸
撮影協力株式会社河野製作所

Return Top