Read Article

剪刀(セントウ)

手術や処置の際に使用するハサミのこと。様々なサイズと形状のものがあり、先端の形状や反りの有無など様々ある。
以下は主な剪刀の種類

クーパー剪刀 縫合・吻合したときの糸や比較的硬い組織の切離に使用する剪刀
メーヨ剪刀 皮膚など、比較的硬い組織の切離や剥離の時に使用する剪刀
メッツェンバウム剪刀 血管やリンパ節など、比較的柔らかい組織の切離や剥離の時に使用する剪刀
その他 刃先が鋭利で薄い眼科剪刀、脳外科用のマイクロ剪刀などもある
剪刀のいろいろ。
左上から、クーパー剪刀-片尖・直、クーパー剪刀-両鈍・直、メーヨ剪刀、メッツェンバウム剪刀、
右上から、クーパー剪刀両尖・反り、クーパー剪刀両尖・直、クーパー剪刀両尖・直・ハズシ、眼科剪刀
クーパー剪刀。サイズ感はこのくらい
先端の形状は、左から、両尖、片尖、両鈍の3種類がある。
同じ先端形状でも、直タイプ(左)と反りタイプ(右)がある。
2本がネジで止められているものと外せるものがある。
この写真は、ハズシと呼ばれる外せるタイプ。
特殊な形状のポッツ・スミス血管剪刀
マイクロ剪刀。持ち手の部分は特殊な形状のバヨネットタイプ。

撮影協力村中医療器株式会社

Return Top